神楽面

物語の多くは日本神話を題材に、神楽の精神文化と演技を核として、能楽、歌舞伎などを巧みに取り入れ和製パントマイムによる無言劇というのが特徴です。
表現豊かな神楽面は、言語の壁を越えて世界人類が共感できる日本伝統芸能です。
舞は、動と静から祝福のはどうを発振し、魂を揺さぶり、神と出会う踊りです。

無表情なはずなのに、わずかな角度で表情を照らし、曇らし、心のリズムを作る。
鬼神・男女・精霊・動物まで勢揃い!
神楽は面が命です。