十世家元 石山裕雅
十世家元 石山裕雅
昭和46年、石山家九世・大隅の長男として生まれる
幼年より大隅に勲陶を受ける
国指定重要無形民俗文化財「若山社中」丸謙次郎に師事
長唄三味線・今藤長由利氏に師事
国指定重要無形民俗文化財「若山社中」四世家元 若山胤雄師に勲陶を受ける
能楽 観世流シテ方・遠藤喜久氏に師事

民俗芸能家として里神楽・江戸囃子・寿獅子の囃子・舞全般を納め各神社、公演、大河ドラマ、CM等に出演。また邦楽笛方として歌舞伎座、国立劇場、全国各地の劇場、アメリカ公演、芸能花舞台などに出演。

「雅/蒼天の会」主宰・「KAGURA 再見」主催・睡足軒「横笛・神楽事始め講座」主宰
「石山社中友の会」主宰・「古典芸能の祭典」代表

埼玉県総合教育センター邦楽研修実技指導者

読売文化センター恵比寿/NHK文化センター川越・八王子/西武池袋/志木
各カルチャーセンター横笛講師

横笛ソリスト・邦楽笛方として活動

CD「笛の季節」、 DVD「蒼天の記」をリリース

「日本民俗芸能協会」会員・「全日本郷土芸能協会」会員・「埼玉県文化団体連合会」会員
「新座市文化協会」幹事・「武州里神楽保存会」副会長