里神楽とは
ishiyama-shachu_kagura

「神楽(かぐら)」の語源は “神の宿る所” を意味する「神座(かむくら)」が転じたものとされます。
神話では、天照大御神(あまてらすおおみかみ)を岩戸から出すために天字受売命(あまのうずめのみこと)が舞った故事が神楽の起源であるとされています。

宮中での御神楽(みかぐら)以外の民間神楽を総称して「里神楽(さとかぐら)」と言います。特に関東の里神楽の物語は大部分が日本神話を題材としており、舞手による舞・踊り・所作・手事(和製パントマイム)と、笛・大拍子・大太鼓による囃子で進行されます。また、。能楽・歌舞伎などの要素を巧みに取り入れながらも黙劇という独自の様式を持っています。その中で個性あふれる神々が繰り広げる和楽の世界、それが里神楽です。