四世紀の時空を超え

祈り 感謝 鎮魂 を奉る

トピックス

2019.07.23 2019.03.02 2019.03.06

神楽ッ子プロジェクト始動❗️

こちらは改元イヤーでは収まりません、一つの目安は東京五輪 添付は和光サンアゼリア様でのワークショップ「神楽塾」に触発され企画頂きました新座市民会館主催のイベントですhttps://www.niiza-kaikan.jp...

お知らせ

お知らせ一覧

里神楽

神代の神々が繰り広げる
壮大な世界が今にリアルに再現されます

里神楽とは?

神に祈りを人には祝福を伝える日本人の身近に最も長く寄り添ってきた我が国最古最長の芸能です。
神話をもとに演劇化され舞・謡・太鼓・笛・デザインなど伝統のエキスが凝縮された、分かりやすく大変におめでたいものです。

里神楽

魅惑の世界に入り込む

石山社中

四世紀、十代に亘り里神楽を相伝してきた

神官・陰陽師を祖とする関東最古の一家。

無形文化財「武州里神楽」石山社中

十世・裕雅は、家伝の神楽・江戸囃子・獅子舞のほか、能・邦楽・古事記・神事の学びを統合した芸能者として、古典の厳格な伝承と共に、様々なジャンルの一流演者と共演、更には縄文文明、アニメとの融合、英語通訳・手話・話術を駆使して解説、神楽フードのプロデュースなどフィールドの場を広げている。改元、東京五輪を経て世界へ向かおうとしている。

新座市指定無形文化財第一号。平成30年度文化庁beyond2020・芸術祭参加認証。

・近年の公演実績
ライオンズクラブ・ロータリークラブ・倫理法人会
東京・埼玉・神奈川などの神社の祭礼
渋谷・池袋・和光・新座などでの主催公演

石山社中